遺言書の一覧

公正証書遺言の検索制度について

相続が発生した際に、遺言書の存否は、相続人(その他利害関係人)にとっては重大な問題となります。生前に遺言書の有無について説明が行われていれば良いのですが、相続という問題を敬遠してしまう傾向が多く、また、関係当事者間におい…

相続において遺言書作成が推奨される理由とは

遺言書を作ることをお勧めする理由 近年高齢化が進み世間では「相続」をめぐる様々な問題が発生しています。相続人を確定するために戸籍謄本を収集し、相続財産・相続債務を確定した上で相続人全員の間で遺産分割協議を行う。これが相続…

遺言執行者って何をするの?選任方法と役割について

遺言の内容をより確実に実行してもらいたい場合、「遺言執行者」を選任させる方法があります。 遺言執行者とは、亡くなった方が残した遺言の内容を、相続人や受遺者を代表して実行する者のことです。そもそも遺言というのは、遺言執行者…

遺言書はどういった場合に無効になるのか?

自身の死後の財産の行方を指定したい場合は、遺言書を作成することになります。遺言書を作成することで、長男に自宅を、次男には預貯金をといった具合に、自らの意思で財産を相続させることができます。そして遺言書というのは、決して作…

遺言書を見つけたら必ず検認手続きをしよう

公正証書遺言以外の遺言書を見つけた場合は、「検認手続き」をしなければなりません。わざわざそんなことする必要ないと考える方も現実には多くいらっしゃいますが、民法では、遺言書を見つけた者は遅滞なく家庭裁判所に提出し、検認を請…

知っていると役に立つ包括遺贈・特定遺贈について

みなさんは、「包括遺贈」・「特定遺贈」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?この2つは、遺言書によって財産を譲り渡す方法のことで、どちらを選択するか遺言者が自由に選択できる特徴があります。 この2つの違いは、包括遺贈が…

公正証書遺言の作成方法とメリット・デメリット

自身の死後、保有していた財産の行方を決めることができる遺言書ですが、よくある遺言書というのは「自筆証書遺言」といって、すべて自筆で作成する遺言書のことを指しています。 しかし、遺言書にはいくつか作成方式があり、より確実に…

遺言書で出来ることと遺言書を作成した方が良い場合

遺言書と聞くと、自身の遺産を配偶者や子どもに譲り渡す配分を指定できるもの、と考えている方が多いのですが、実は遺言書でできることはそれだけではありません。 たとえば、相続人とはまったく関係のない相手に遺産を譲り渡すこともで…

遺言書の種類とそれぞれのメリット・デメリット

相続の際、自身の死後の財産の行方を指定できる「遺言書」については、多くの方が一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?中には、そろそろ遺言書を書いてみようと思っている方もいらっしゃるはずです。 しかし、少し待ってくだ…

12

相続手続きからトラブルの相談まであなたの相続をフルサポートします!初回60分無料!まずはお気軽にご相談ください

TEL:0120-543-0940120-543-094
24時間受付メールでのご相談はこちら