相続なんて聞いてない!無視された場合の相続回復請求権について

相続というのは、人が亡くなることによって発生しますが、そもそも亡くなったこと自体知らなかった場合、自分の知らないところで勝手に相続財産を独り占めされている場合があります。

この場合、本来の相続人は「相続回復請求権」を主張することが可能となっています。相続回復請求権を主張することで、知らぬ間に独占されていた相続財産を取り戻すことができるのです。

今回は、この相続回復請求権について詳しく説明していきます。

相続回復請求権とは

実は、相続回復請求権の内容を詳細に定めた具体的な条文があるわけではありません。簡単に言えば、「相続権を侵害された」場合に、その回復を請求する権利があるというものです。

よって、その文言の簡潔さから、さまざまな解釈が存在しています。ただ、一般的には本来の相続人(真正相続人といいます)が相続権を侵害され、相続権がないにも関わらず相続権を主張し、まさに相続財産を占有している相手(表見相続人といいます)に対し、自身への回復を求めるという解釈がなされています。

相続回復請求権の行使が行われる典型的な場面としては、自己のした相続放棄が無効であって自らにも相続権があると主張する場合、いわゆる藁の上からの養子が自己の真の親等の相続において自己の相続権を主張する場合、養子縁組の無効や取消により真の相続人が相続をできなかった場合等です。

相続回復請求権の時効について

上記の注意点の他にも、相続回復請求権の主張ができなくなる場合があります。それが「時効」です。相続回復請求権は、相続権を侵害された事実を知ったときから5年の経過で時効によって消滅すると定められています。また、相続開始(被相続人が亡くなった日)から20年の間、権利を行使しなかった場合も同様です。後者については、まったく相続について知らなかったのですから防ぎようがありませんが、相続権を侵害された事実を知ったときから5年間については、気を配っていれば防ぐことが十分に可能となっています。

相続回復請求権のご相談は当事務所へ

もし、自身の相続権を侵害されていた、されている可能性がある場合、自身で解決させるのは容易ではありません。まずは、当事務所にご相談するところから始めてみてください。

相続回復請求権の主張に正解というのはなく、まさにケースバイケースな対応が求められる手続きです。相手からすればすでに終了している相続です。すでに分配された遺産、その相続権を回復させるのは簡単にはいかないケースがほとんどです。当事務所では、最初に細かな事情をお聞かせしてもらってから、必要なアドバイスをさせていただきます。

相続手続きからトラブルの相談まであなたの相続をフルサポートします!初回60分無料!まずはお気軽にご相談ください

TEL:0120-543-0940120-543-094
24時間受付メールでのご相談はこちら
TEL:0120-543-0940120-543-094
ctaLaptop__mail