遺産相続問題に弁護士は必要?相談するメリットについて

「遺産相続問題に果たして弁護士は必要なのだろうか?」
「高い報酬も払わなければならないだろうし、自分で解決したほうが良いのでは?」
「弁護士に相談するメリットって何があるのか?」

遺産相続問題の際、弁護士が具体的に何をしてくれるのかがわからず、こうした疑問を抱えている方は多いのではないでしょうか。

しかし、遺産相続問題に弁護士が関わる事で、多くのトラブルを回避できるばかりか、トラブルが生じている最中だとしても、それを円満な解決に導くことが可能です。

今回は、遺産相続問題の際に弁護士は何をしてくれるのか、弁護士に相談・依頼することでどういったメリットがあるのか、といった点について詳しく説明していきます。

親族間での話し合いのストレスを軽減できる

遺産相続問題で切っても切れないのがお金の話し合いです。

しかし、親族同士でお金の話し合いをするとなると、遠慮してなにも言えなくなってしまう、声の大きい親族の意見ばかり優遇されてしまう、といったように様々な問題が生じます。こうした問題は遺産相続問題を処理する上で、何よりのストレスとなってしまうのです。

ところが、弁護士であればご依頼者様に代わって話し合いに参加することができます。弁護士に依頼することで、お金の話し合いという最大のストレスを回避できるメリットがあるのです。もちろん最終的にはご依頼者様にご判断いただくため、話し合いの席でこういった意見や要望が出た、といったことは逐一ご報告していきます。安心してお待ちください。

最大限有利な条件になるよう交渉を進められる

弁護士に相続手続きを依頼したというのに、要望通りにならなかったのでは意味がありません。手続きに弁護士が関わる以上、ご依頼者様にとって最大限有利な条件になるよう交渉を進めていきます。

もちろん譲歩が必要になる場面もあるにはありますが、最終的にはご依頼者様と相続人全員が納得できるような条件での解決を目指しています。

仮に、遺産相続がきっかけとなり親族間にしこりを残してしまえば、それは円満な解決だったとは言えません。こうした調整を図ることも弁護士の仕事であり、ご依頼者様の利益を追求するのが我々の役目です。こうした解決を図れることは、まさに弁護士に手続きを依頼するメリットと言えるでしょう。

交渉がまとまらない場合の調停・裁判もサポート可能

遺産相続というのは、必ずしも相続人全員が納得できる結果になるわけではありません。場合によっては、調停や裁判といった裁判所を利用した手続きへと発展してしまう可能性も十分にあります。

しかし、一般の方にとって、調停や裁判といった手続きは日ごろ触れる機会のない手続きですし、裁判所とのやり取りや実際に裁判所に足を運ぶのも容易なことではありません。

一方で、弁護士であれば裁判所とのやり取りはもちろん、裁判においては本人が足を運ばずとも、代理人として代わりに裁判所へ出頭することができてしまいます。その他にも、裁判所や関係各所への書面の提出・取得といった煩雑な手続きも弁護士が行います。普段慣れない手続きを依頼できるというのは、まさに弁護士に依頼するメリットと言えるでしょう。

相続前・相続後のトラブル予防も可能

弁護士であれば、相続前・相続後のトラブルを予防することも可能です。たとえば、相続前にご相談いただければ、今後どういったトラブルに発展する危険があり、それを予防するためにこんな手続きや方法がある、といった具合に対策を講じられます。

相続問題の相談に早すぎるというものはありません。むしろ、相談のタイミングが早ければ早いほど様々な選択肢があり、より理想的な相続に繋げることができるのです。

また、たとえ相続後のご相談であっても、相続人同士でトラブルが起こらないような遺産分割協議を実現し、最終的には遺産分割協議書を作成。協議条項を用いるなどの方法で、後のトラブルを予防するのも弁護士にとって大切な仕事の1つです。

その他にも、当事務所であれば、相続にまつわる税金、不動産登記、不動産等相続財産の換価等、相続問題をワンストップに解決することが可能です。こうした連携に力を入れることで、当事務所では相続問題に対する総合的なケアを実現、ご依頼者様の利益の確保いたします。

相続手続きからトラブルの相談まであなたの相続をフルサポートします!初回60分無料!まずはお気軽にご相談ください

TEL:0120-543-0940120-543-094
24時間受付メールでのご相談はこちら
TEL:0120-543-0940120-543-094
ctaLaptop__mail